レスリング「新体重区分」の割を食うのは吉田沙保里ではなく伊調馨

公開日: 更新日:

<リオ五輪では67キロ級選手が63キロ級へ?>

 日本レスリング界に激震が走った。日本のお家芸である女子の階級にメスが入ったからだ。

 国際レスリング連盟(FILA)は、かねて予定していた16年リオデジャネイロ五輪で採用する男女6階級の体重区分を行い、五輪3連覇中の吉田沙保里(31)の55キロ級を廃止した。吉田と同様、五輪3大会連続金メダルの伊調馨(29)の63キロ級は残った。

 FILAの理事が明かしたところによれば、女子は従来の4階級(48、55、63、72)から2階級増え48、53、58、63、69、75キロ級で実施される。年明けに行われるFILAの理事会で正式決定する見込みだ。

 吉田にとって階級変更は不利に働き、リオでの4連覇は危うくなると予想されるが、むしろ逆だ。もともと吉田の体重は55キロに達することはなく、本人は「これまでは無理に体重を増やそうとして調子を崩したこともあった。重くなると、動きが鈍くなる。52か53であれば減量も増量も必要ないので好都合」と話しており、何ら支障はなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る