日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あす東京マラソン 今井正人は設定記録突破で五輪掴むか

 リオ五輪の代表選びが注目されている女子に比べて、さっぱり盛り上がらないのが男子。

 28日号砲の東京マラソンは、高額賞金(優勝800万円等)がかかっているため、海外から有力選手が多数出場。日本選手の上位争いは期待薄だ。

 しかし、昨年大会で日本人トップの7位となり、しかも日本人では3年ぶりに2時間7分台(39秒)を出した今井正人(31)は、このレースで五輪代表を確実なものにしたいところ。

 昨年は世界選手権代表に選ばれながら、直前に髄膜炎を発症し欠場。悔しい思いをした。

 今井は26日の記者会見で「先頭集団にいる距離を伸ばしたい。流れに乗って勝負したい」と力強く語った。ちなみに陸連の設定記録は2時間6分30秒。女子は福士加代子が2時間22分30秒の設定記録をクリアしたが、男子は厳しいか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事