• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あす東京マラソン 今井正人は設定記録突破で五輪掴むか

 リオ五輪の代表選びが注目されている女子に比べて、さっぱり盛り上がらないのが男子。

 28日号砲の東京マラソンは、高額賞金(優勝800万円等)がかかっているため、海外から有力選手が多数出場。日本選手の上位争いは期待薄だ。

 しかし、昨年大会で日本人トップの7位となり、しかも日本人では3年ぶりに2時間7分台(39秒)を出した今井正人(31)は、このレースで五輪代表を確実なものにしたいところ。

 昨年は世界選手権代表に選ばれながら、直前に髄膜炎を発症し欠場。悔しい思いをした。

 今井は26日の記者会見で「先頭集団にいる距離を伸ばしたい。流れに乗って勝負したい」と力強く語った。ちなみに陸連の設定記録は2時間6分30秒。女子は福士加代子が2時間22分30秒の設定記録をクリアしたが、男子は厳しいか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る