女子ラグビー原わか花「五輪を目指すのは想像以上に過酷」…一度は折れた心を再起させた妹の涙

公開日: 更新日:

原わか花(女子ラグビー/24歳・東京山九フェニックス)第4回

 2022年のW杯後、原は引退を考えたという。

 東京五輪の1年延期に伴い、パリ五輪に向けた準備はすぐに始めなくてはいけない。女子ラグビーのワールドシリーズは目前に迫っていた。

「五輪を目指すということは想像以上に過酷です。代表合宿に呼ばれてから、さらにメンバーが絞られる。誰もが選ばれたいという気持ちを持っているから、凄まじい重圧があるんです。いいパフォーマンスを見せなきゃいけない。ミスしたら落とされるかもしれない。そういう焦りもあり、精神的にかなり苦しい。またあの過酷な日々が待っていると思ったら、しんどくて。だったらもう引退しようと」

 新潟の実家に帰省した際、家族に胸中を打ち明けた。原は一度決めたことは曲げない性格だという。両親はそれを理解しているからか、娘の決断をすんなり受け入れた。

 しかし、2歳下の妹だけは違った。不機嫌そうな態度で、ソファーに寝ころびながら顔をうずめていた。その日の夜、妹の自室からはすすり泣くような声が聞こえた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽