青学“完全連覇”に大騒ぎも…箱根駅伝栄えてマラソン滅ぶ

公開日: 更新日:

 毎年のことだが、現状を直視すればこの賑わいはむなしいばかりだ。

 第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は、青山学院大が10時間53分25秒で2年連続の総合優勝を果たした。1区から一度も首位を譲らない完全優勝は、1977年の日本体育大以来、39年ぶりのこと。4日発売のスポーツ紙はどれも「青学完全優勝、2連覇」をデカデカと報じていた。

 しかし、圧倒的な強さを見せた青学大の選手から20年東京五輪の有望選手が出てくるかといえば、話は別だ。

 例えば、男子1万メートルの日本記録は昨年11月に村山紘太(旭化成=城西大OB)が14年ぶりに更新した27分29秒69。これはロンドン五輪金のモハメド・ファラー(27分30秒42=英国)より速い時計だが、ファラーの自己ベストは26分46秒57。金を狙う連中によるタイム度外視の牽制レースに加わるためには、27分前後の時計がなければ無理だ。実際、08年北京五輪1万メートルの3個のメダルは、27分01秒から04秒の争いだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  7. 7

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  10. 10

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る