日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福士加代子「名古屋」強行出場で陸連への強烈“メッセージ”

 陸連も頭を抱えているに違いない。

 リオ五輪の女子マラソン最終選考会の名古屋ウィメンズ(3月13日)に、1月の大阪国際で優勝した福士加代子(33)が一般参加でエントリーした。

 福士は、大阪国際で日本陸連の設定タイム2時間22分30秒を上回る記録(2時間22分17秒)を出し、リオ五輪代表が確実視されているものの、名古屋で設定記録を複数選手がクリアすれば、福士は代表漏れする可能性もある。

 陸連は全選考レースが終了する前に福士に内定は出せない。それでも麻場強化委員長は、「名古屋の出場は避けて欲しい。五輪でメダルを狙う盤石のプロセスをしてもらいたい」と要望。前代未聞の「お願い」をしたのだ。

■陸連にとって“複数”は想定外

 ある陸上関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事