マラソンに距離延長「50km」案 日本人選手には損か得か

公開日: 更新日:

「冗談じゃないよ!」と、声を荒らげている選手は多いだろう。

 12日の共同通信によれば、女子マラソンの世界記録保持者のポーラ・ラドクリフ(42・英国=03年ロンドン2時間15分25秒)が11日、英国陸連が同日公表したクリーンな競技を守る14項目の宣言で、過去の世界記録を見直す提案をしたことに反対であることを強調した。

 英国陸連のワーナー会長は、ロシアの組織的なドーピングや汚職スキャンダルなどを受け、「すべての世界記録は新しい記録に設定し直す必要がある」と述べ、例えばマラソンの距離を現在の42.195キロから50キロに変更し、過去の記録と区別するアイデアを提出し、国際陸連に対応を求めているという。

 50キロのタイムが新たな世界記録になれば、疑惑の世界記録とは区別できる。ラドクリフ以外にも「私の世界記録は実力で出したもの」という選手は多いものの、薬物問題はロシアだけでなく、米国やジャマイカ、ケニアなどの陸上王国にもある。英国陸連のアイデアは一考する価値がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  4. 4

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

  9. 9

    負けず嫌いが演技の原動力 広瀬すずは生来の「体育会系」

  10. 10

    “黒い交際”閣僚をスルー 大メディアのご都合主義と二枚舌

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る