日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マラソンに距離延長「50km」案 日本人選手には損か得か

「冗談じゃないよ!」と、声を荒らげている選手は多いだろう。

 12日の共同通信によれば、女子マラソンの世界記録保持者のポーラ・ラドクリフ(42・英国=03年ロンドン2時間15分25秒)が11日、英国陸連が同日公表したクリーンな競技を守る14項目の宣言で、過去の世界記録を見直す提案をしたことに反対であることを強調した。

 英国陸連のワーナー会長は、ロシアの組織的なドーピングや汚職スキャンダルなどを受け、「すべての世界記録は新しい記録に設定し直す必要がある」と述べ、例えばマラソンの距離を現在の42.195キロから50キロに変更し、過去の記録と区別するアイデアを提出し、国際陸連に対応を求めているという。

 50キロのタイムが新たな世界記録になれば、疑惑の世界記録とは区別できる。ラドクリフ以外にも「私の世界記録は実力で出したもの」という選手は多いものの、薬物問題はロシアだけでなく、米国やジャマイカ、ケニアなどの陸上王国にもある。英国陸連のアイデアは一考する価値がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事