マラソンに距離延長「50km」案 日本人選手には損か得か

公開日: 更新日:

「冗談じゃないよ!」と、声を荒らげている選手は多いだろう。

 12日の共同通信によれば、女子マラソンの世界記録保持者のポーラ・ラドクリフ(42・英国=03年ロンドン2時間15分25秒)が11日、英国陸連が同日公表したクリーンな競技を守る14項目の宣言で、過去の世界記録を見直す提案をしたことに反対であることを強調した。

 英国陸連のワーナー会長は、ロシアの組織的なドーピングや汚職スキャンダルなどを受け、「すべての世界記録は新しい記録に設定し直す必要がある」と述べ、例えばマラソンの距離を現在の42.195キロから50キロに変更し、過去の記録と区別するアイデアを提出し、国際陸連に対応を求めているという。

 50キロのタイムが新たな世界記録になれば、疑惑の世界記録とは区別できる。ラドクリフ以外にも「私の世界記録は実力で出したもの」という選手は多いものの、薬物問題はロシアだけでなく、米国やジャマイカ、ケニアなどの陸上王国にもある。英国陸連のアイデアは一考する価値がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る