• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ五輪諦めた川内優輝 「17年世界陸上」現実味あるのか

 来月のびわ湖毎日マラソン(3月6日)に出場する川内優輝(28)が、21日に行われた青梅マラソン30キロの部に出場。1時間32分40秒の3位でゴールすると、息も絶え絶え、その場に倒れ込んだ。

 係員に抱きかかえられるようにして引き揚げ、その後、会見場に現れた川内は、「今の実力では2時間10分を切れるかという状態。出来もしない(五輪)挑戦をするより、1年半しっかり走り込んで必ず(来年の世界陸上の)代表をとる方が大事」と言った。

 昨年12月の福岡国際マラソンでは、2時間12分48秒の8位と惨敗。日本人上位3位以内にも入れず、リオ五輪代表選考対象から漏れた。びわ湖毎日で陸連設定タイムの2時間6分30秒を切らなければリオ五輪の切符は手にできないわけだが、2時間8分も切ったことがない川内では6分30秒切りは夢物語。無謀な挑戦はしないということだろう。

 とはいえ、昨年の世界陸上では、34歳の藤原正和と前田和浩が、21位と40位に沈み、陸連の宗猛男子マラソン部長は「若手に期待したい。今いるマラソン選手では厳しい」と言った。30キロマラソンでぶっ倒れている選手などお呼びじゃないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る