• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「いのちの砦『釜石方式』」に訊け 芦﨑治著

 東日本大震災の時、「レスキュー機能ゼロ」状態の中で、医師たちはどのように動いたのか。一般社団法人釜石医師会のドクターたちの活動を追ったドキュメント。

 地域の病院の各医師や、基幹病院の県立釜石病院、県立大槌病院などのスタッフたちの被災時とその後の行動を詳細にたどる。緊急事態の中で内陸部の県立病院に患者を搬送するとともに、ライフラインを確保する「肋骨搬送モデル」や、対策本部が立ち上がる前に避難所の情報収集に動き、医療活動の最前線を担った民間の訪問医療専門病院、そして薬剤師による避難所での服薬指導など。医師や薬剤師が自らの判断で行動を起こし、医療の連携を生み出していく釜石医療圏の文化に学ぶ。(朝日新聞出版 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る