「いのちの砦『釜石方式』」に訊け 芦﨑治著

公開日: 更新日:

 東日本大震災の時、「レスキュー機能ゼロ」状態の中で、医師たちはどのように動いたのか。一般社団法人釜石医師会のドクターたちの活動を追ったドキュメント。

 地域の病院の各医師や、基幹病院の県立釜石病院、県立大槌病院などのスタッフたちの被災時とその後の行動を詳細にたどる。緊急事態の中で内陸部の県立病院に患者を搬送するとともに、ライフラインを確保する「肋骨搬送モデル」や、対策本部が立ち上がる前に避難所の情報収集に動き、医療活動の最前線を担った民間の訪問医療専門病院、そして薬剤師による避難所での服薬指導など。医師や薬剤師が自らの判断で行動を起こし、医療の連携を生み出していく釜石医療圏の文化に学ぶ。(朝日新聞出版 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る

人気キーワード