「いのちの砦『釜石方式』」に訊け 芦﨑治著

公開日: 更新日:

 東日本大震災の時、「レスキュー機能ゼロ」状態の中で、医師たちはどのように動いたのか。一般社団法人釜石医師会のドクターたちの活動を追ったドキュメント。

 地域の病院の各医師や、基幹病院の県立釜石病院、県立大槌病院などのスタッフたちの被災時とその後の行動を詳細にたどる。緊急事態の中で内陸部の県立病院に患者を搬送するとともに、ライフラインを確保する「肋骨搬送モデル」や、対策本部が立ち上がる前に避難所の情報収集に動き、医療活動の最前線を担った民間の訪問医療専門病院、そして薬剤師による避難所での服薬指導など。医師や薬剤師が自らの判断で行動を起こし、医療の連携を生み出していく釜石医療圏の文化に学ぶ。(朝日新聞出版 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  9. 9

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る