「いのちの砦『釜石方式』」に訊け 芦﨑治著

公開日:  更新日:

 東日本大震災の時、「レスキュー機能ゼロ」状態の中で、医師たちはどのように動いたのか。一般社団法人釜石医師会のドクターたちの活動を追ったドキュメント。

 地域の病院の各医師や、基幹病院の県立釜石病院、県立大槌病院などのスタッフたちの被災時とその後の行動を詳細にたどる。緊急事態の中で内陸部の県立病院に患者を搬送するとともに、ライフラインを確保する「肋骨搬送モデル」や、対策本部が立ち上がる前に避難所の情報収集に動き、医療活動の最前線を担った民間の訪問医療専門病院、そして薬剤師による避難所での服薬指導など。医師や薬剤師が自らの判断で行動を起こし、医療の連携を生み出していく釜石医療圏の文化に学ぶ。(朝日新聞出版 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る