「三重スパイ イスラム過激派を監視した男」小倉孝保著

公開日:  更新日:

 アルジェリア・イギリス・フランス3カ国の諜報機関を渡り歩いた元スパイ、レダ・ハセインの数奇な半生を描くノンフィクション。

 アルジェリアの裕福な家庭に生まれたハセインは、ジャーナリストとして政府系新聞社で働いていた。だが、国内で反政府運動が高まり、若者の怒りに共感した彼は、国内やパリで新聞社の立ち上げを模索。しかし、イスラム過激派のテロの標的になってしまう。同じころ、顔見知りのジャーナリストからアルジェリア内務省の諜報機関の工作員になるよう持ち掛けられ、スパイ人生が始まる。イスラム過激派の一大拠点ロンドンでモスクに潜入し、指導者たちの行動を追い続けたハセインのスパイ活動の実際と苦悩を活写。

(講談社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る