「三重スパイ イスラム過激派を監視した男」小倉孝保著

公開日: 更新日:

 アルジェリア・イギリス・フランス3カ国の諜報機関を渡り歩いた元スパイ、レダ・ハセインの数奇な半生を描くノンフィクション。

 アルジェリアの裕福な家庭に生まれたハセインは、ジャーナリストとして政府系新聞社で働いていた。だが、国内で反政府運動が高まり、若者の怒りに共感した彼は、国内やパリで新聞社の立ち上げを模索。しかし、イスラム過激派のテロの標的になってしまう。同じころ、顔見知りのジャーナリストからアルジェリア内務省の諜報機関の工作員になるよう持ち掛けられ、スパイ人生が始まる。イスラム過激派の一大拠点ロンドンでモスクに潜入し、指導者たちの行動を追い続けたハセインのスパイ活動の実際と苦悩を活写。

(講談社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る