「正楽三代寄席紙切り百年」新倉典生著

公開日:  更新日:

 余芸だった紙切りを寄席芸に昇華させ、代々伝える大名跡・林家正楽3代の足跡をたどり、その芸と人間像に迫る。

 初代は、大正5年、落語家を志し20歳で入門。2年後、普段は見せない余興芸を客に披露する珍芸大会が催され、二つ目に昇進していた初代は経師屋だった父が得意だった紙切りを見よう見まねで披露。それが評判となり、高座でも落語の後に見せることに。やがて、人気が下火になると、紙切りのお題を客からその場でもらって即座に切り抜くという一世一代の勝負に出る。

 なまりが原因で落語に見切りをつけ初代に弟子入りした2代、さらに3代へと、代々受け継がれてきた紙切り芸の軌跡をたどる。(dZERO 2100円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る