「正楽三代寄席紙切り百年」新倉典生著

公開日: 更新日:

 余芸だった紙切りを寄席芸に昇華させ、代々伝える大名跡・林家正楽3代の足跡をたどり、その芸と人間像に迫る。

 初代は、大正5年、落語家を志し20歳で入門。2年後、普段は見せない余興芸を客に披露する珍芸大会が催され、二つ目に昇進していた初代は経師屋だった父が得意だった紙切りを見よう見まねで披露。それが評判となり、高座でも落語の後に見せることに。やがて、人気が下火になると、紙切りのお題を客からその場でもらって即座に切り抜くという一世一代の勝負に出る。

 なまりが原因で落語に見切りをつけ初代に弟子入りした2代、さらに3代へと、代々受け継がれてきた紙切り芸の軌跡をたどる。(dZERO 2100円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る