「正楽三代寄席紙切り百年」新倉典生著

公開日: 更新日:

 余芸だった紙切りを寄席芸に昇華させ、代々伝える大名跡・林家正楽3代の足跡をたどり、その芸と人間像に迫る。

 初代は、大正5年、落語家を志し20歳で入門。2年後、普段は見せない余興芸を客に披露する珍芸大会が催され、二つ目に昇進していた初代は経師屋だった父が得意だった紙切りを見よう見まねで披露。それが評判となり、高座でも落語の後に見せることに。やがて、人気が下火になると、紙切りのお題を客からその場でもらって即座に切り抜くという一世一代の勝負に出る。

 なまりが原因で落語に見切りをつけ初代に弟子入りした2代、さらに3代へと、代々受け継がれてきた紙切り芸の軌跡をたどる。(dZERO 2100円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る

人気キーワード