「目くじら社会の人間関係」佐藤直樹著

公開日:  更新日:

 震災の被害者に義援金を寄付したタレントがバッシングされるなど、誰もがネットで容易に発言できる今、日本は1億総「目くじら社会」になっていると著者は指摘する。それはなぜか。日本は隅々まで「世間」が支配しており、「世間」のルールに反するような行為は、それが正しいことであっても、批判を受けてしまうのだとか。

 こうした世間の存在は日本独特なものだという。1990年代末、グローバル化の進展に伴う新自由主義の浸透によって、人々は「強い個人」であることを要求された。その競争的環境におかれ息苦しさが増した結果、世間の同調圧力が強まり、「世間」が暴走して、皆が目くじらを立てるようになったという。

 世間を切り口に、日本の現代社会の構造を鋭く読み解く納得の書。

 (講談社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る