「目くじら社会の人間関係」佐藤直樹著

公開日:  更新日:

 震災の被害者に義援金を寄付したタレントがバッシングされるなど、誰もがネットで容易に発言できる今、日本は1億総「目くじら社会」になっていると著者は指摘する。それはなぜか。日本は隅々まで「世間」が支配しており、「世間」のルールに反するような行為は、それが正しいことであっても、批判を受けてしまうのだとか。

 こうした世間の存在は日本独特なものだという。1990年代末、グローバル化の進展に伴う新自由主義の浸透によって、人々は「強い個人」であることを要求された。その競争的環境におかれ息苦しさが増した結果、世間の同調圧力が強まり、「世間」が暴走して、皆が目くじらを立てるようになったという。

 世間を切り口に、日本の現代社会の構造を鋭く読み解く納得の書。

 (講談社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る