「目くじら社会の人間関係」佐藤直樹著

公開日: 更新日:

 震災の被害者に義援金を寄付したタレントがバッシングされるなど、誰もがネットで容易に発言できる今、日本は1億総「目くじら社会」になっていると著者は指摘する。それはなぜか。日本は隅々まで「世間」が支配しており、「世間」のルールに反するような行為は、それが正しいことであっても、批判を受けてしまうのだとか。

 こうした世間の存在は日本独特なものだという。1990年代末、グローバル化の進展に伴う新自由主義の浸透によって、人々は「強い個人」であることを要求された。その競争的環境におかれ息苦しさが増した結果、世間の同調圧力が強まり、「世間」が暴走して、皆が目くじらを立てるようになったという。

 世間を切り口に、日本の現代社会の構造を鋭く読み解く納得の書。

 (講談社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る