東尾修 不倫疑惑の追及に“野々村県議スタイル”でオトボケ

公開日:  更新日:

 16日、「イクメン オブ ザ イヤー2014」の授賞式が開かれ、「タカアンドトシ」、石田純一(60)らと共に、元プロ野球選手で石田の義父でもある東尾修氏(64)が「イクジイ部門」を受賞した。

 東尾は孫の理汰郎くん(1)の育児で腰痛になったそうで、「昨日もMRIを撮って治療中。幼児教室とかプールとか一緒に行ってます」と胸を張った。

 しかし、トークショー後の囲み取材では、8月に報じられた元演歌歌手との不倫疑惑をリポーターからツッコまれ、最初こそ「銀座でも六本木でも、そりゃあもう、あちこちで」と威勢良かったが、「女性と子供だと、どっちが扱うのが大変?」と質問されると、「ちょっと3分ほど考えさせて」とオトボケ。

 さらなる追及には「え? 何? 孫の言葉は最近分かってきたけど、今の(リポーターの)言葉は分からない」と野々村竜太郎元兵庫県議のように耳に手を当てて聞こえないしぐさ。とんだ“イクジイ”である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る