東尾修 不倫疑惑の追及に“野々村県議スタイル”でオトボケ

公開日:  更新日:

 16日、「イクメン オブ ザ イヤー2014」の授賞式が開かれ、「タカアンドトシ」、石田純一(60)らと共に、元プロ野球選手で石田の義父でもある東尾修氏(64)が「イクジイ部門」を受賞した。

 東尾は孫の理汰郎くん(1)の育児で腰痛になったそうで、「昨日もMRIを撮って治療中。幼児教室とかプールとか一緒に行ってます」と胸を張った。

 しかし、トークショー後の囲み取材では、8月に報じられた元演歌歌手との不倫疑惑をリポーターからツッコまれ、最初こそ「銀座でも六本木でも、そりゃあもう、あちこちで」と威勢良かったが、「女性と子供だと、どっちが扱うのが大変?」と質問されると、「ちょっと3分ほど考えさせて」とオトボケ。

 さらなる追及には「え? 何? 孫の言葉は最近分かってきたけど、今の(リポーターの)言葉は分からない」と野々村竜太郎元兵庫県議のように耳に手を当てて聞こえないしぐさ。とんだ“イクジイ”である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る