東尾修 不倫疑惑の追及に“野々村県議スタイル”でオトボケ

公開日: 更新日:

 16日、「イクメン オブ ザ イヤー2014」の授賞式が開かれ、「タカアンドトシ」、石田純一(60)らと共に、元プロ野球選手で石田の義父でもある東尾修氏(64)が「イクジイ部門」を受賞した。

 東尾は孫の理汰郎くん(1)の育児で腰痛になったそうで、「昨日もMRIを撮って治療中。幼児教室とかプールとか一緒に行ってます」と胸を張った。

 しかし、トークショー後の囲み取材では、8月に報じられた元演歌歌手との不倫疑惑をリポーターからツッコまれ、最初こそ「銀座でも六本木でも、そりゃあもう、あちこちで」と威勢良かったが、「女性と子供だと、どっちが扱うのが大変?」と質問されると、「ちょっと3分ほど考えさせて」とオトボケ。

 さらなる追及には「え? 何? 孫の言葉は最近分かってきたけど、今の(リポーターの)言葉は分からない」と野々村竜太郎元兵庫県議のように耳に手を当てて聞こえないしぐさ。とんだ“イクジイ”である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る