• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

深夜に生放送 NHK「Eテレ・ジャッジ」“5分ドラマ”の異色度

「最近の深夜番組はつまらないな~」と思っている視聴者には、Eテレを見ている大人がいるらしい。

 幼児や母親向けという印象のNHK教育テレビは、11年6月に名称をEテレに変えてから、いい意味でバラエティー化を進めている。

 とくに夜の23時台は注目だ。4月から始まった「Eテレ・ジャッジ」(火曜23時25分)は面白い。23時台なのに、生放送!(教育テレビでは考えられなかった) コンセプトは“Eテレの新しい番組を視聴者と開発する企画オーディション”。簡単に説明すると、2つの5分のアイデアドラマ(コント風?)を放送し、選抜視聴者が即座にどちらがいいかのジャッジをして勝敗を決める。

 どんなドラマがあるかというと、たとえばハライチ主演「禅ガール」や栗原類の「ポリリズム」はミュージカル風。「温水洋一の世界ことわざ劇場」というのもある。喫茶店店主の温水が「エビで鯛を釣る」のことわざを他国では何と言うかと問い、カウンターにいたドイツの女子高生が「ベーコンを求めてソーセージを投げる」、中国の女子高生は「エビでスッポンを釣る」など各国のことわざをドラマで見せて好評だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る