• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

深夜に生放送 NHK「Eテレ・ジャッジ」“5分ドラマ”の異色度

「最近の深夜番組はつまらないな~」と思っている視聴者には、Eテレを見ている大人がいるらしい。

 幼児や母親向けという印象のNHK教育テレビは、11年6月に名称をEテレに変えてから、いい意味でバラエティー化を進めている。

 とくに夜の23時台は注目だ。4月から始まった「Eテレ・ジャッジ」(火曜23時25分)は面白い。23時台なのに、生放送!(教育テレビでは考えられなかった) コンセプトは“Eテレの新しい番組を視聴者と開発する企画オーディション”。簡単に説明すると、2つの5分のアイデアドラマ(コント風?)を放送し、選抜視聴者が即座にどちらがいいかのジャッジをして勝敗を決める。

 どんなドラマがあるかというと、たとえばハライチ主演「禅ガール」や栗原類の「ポリリズム」はミュージカル風。「温水洋一の世界ことわざ劇場」というのもある。喫茶店店主の温水が「エビで鯛を釣る」のことわざを他国では何と言うかと問い、カウンターにいたドイツの女子高生が「ベーコンを求めてソーセージを投げる」、中国の女子高生は「エビでスッポンを釣る」など各国のことわざをドラマで見せて好評だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る