やらせ疑惑でも“昇格人事” NHK籾井会長「居座り」画策か

公開日:  更新日:

 NHKの籾井勝人会長の「人事」に、またぞろ批判の声が上がっている。例の「クローズアップ現代」のやらせ疑惑で責任を問われるべき幹部が昇格。その一方で、任期途中の専務理事2人に退任を迫るなど、散々バッシングされても開き直ってやりたい放題だ。

 やらせ疑惑のクロ現を取材したのは、大阪放送局の記者だ。ところが、NHK経営委が14日に同意した“籾井人事”では、坂本忠宣大阪放送局長が理事に昇格する。任期満了の理事4人のうち3人が交代するが、ただ1人再任された森永公紀理事も、報道担当としてクロ現問題に関わってきた。

 その一方で、籾井会長は塚田祐之と吉国浩二の2人の専務理事に辞任を迫ったと報じられた。この2人は昨年4月にも辞任を迫られ、拒否。今回も突っぱねたという。

「塚田氏は局内でも『公正な人』として知られた人物。籾井会長にすれば扱いにくい幹部でしょう。吉国氏は先月、国会で視聴者から籾井会長への苦言が殺到していることを明かしました」(NHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る