和久田アナ効果か NHK「おはよう日本」視聴率好調のワケ

公開日:  更新日:

 NHK内部から「してやったり」の声が聞こえてきそうだ。4月から鈴木奈穂子(33)に代えて和久田麻由子(26)をキャスターに迎えた「おはよう日本」の視聴率が絶好調なのだ。

 ビデオリサーチが14日発表した視聴率トップ30で、新生「おはよう日本」が3本もランクインしていた(4月6~12日分)。和久田が初登場した3月30日は22位。「おはよう日本」のトップ30入りは珍しく、3月は1本も入っていなかった(「おはよう日本・首都圏」を除く)。

「“和久田効果”と言っていいでしょうね。前任者の鈴木も女子アナ好感度としては決して低い方ではありませんが、どちらかというと優等生タイプ。それに対して、和久田はズッコケ・タイプというか癒やし系。平日の朝は“しかつめらしい顔”より“さわやか笑顔”ということでしょうか」(テレビ関係者)

 2人の出身校を見ると、鈴木が法政大学社会学部なのに対して、和久田は東大経済学部。素顔は和久田の方が「優等生」らしい。

 ちなみに、鈴木はこの4月から「ニュースウオッチ9」を担当している。NHK的には“出世街道を驀進中”だから、鈴木ファンはご心配なく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る