NHKが裁判で「完敗」 全国で受信料“不払い一揆”の恐れも

公開日: 更新日:

 籾井勝人会長の私用ハイヤー問題や「ヤラセ報道」でテンヤワンヤのNHKに“新たな衝撃”が走っている。NHKが千葉・松戸市在住の男性(66)に対して受信料約18万円の支払いを求めた裁判で「完敗」したのである。

 判決が出たのは15日の松戸簡裁(江上宗晴裁判官)。裁判で、NHK側は2003年3月に男性が受信契約を結んだにもかかわらず、受信料を支払っていないと主張。これに対し、男性側は契約締結そのものを否定していた。

 江上裁判官は判決で、受信契約書に記載された署名と(裁判の)宣誓書に記載された男性の字体が一致せず、男性の妻とも筆跡が異なると認定。「受信契約を締結したものとは認められない」として、「放送受信料の支払い請求は理由がない」と結論付けたのだ。

 NHKは「判決内容をよく読んで対応を検討します」(広報部)と平静を装っているが、コトはそう簡単に済む話じゃない。受信契約書の筆跡が男性本人でなければ、一体、だれが男性の名を勝手に記入したのか。ヘタをすれば「私文書偽造」の刑事事件に発展しかねない大問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  6. 6

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る