• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHKが朝から“ケツの穴”連呼…「まれ」のセリフきっかけに

 30日、朝からNHKが「ケツの穴」で大変なことになっていた。発端は朝ドラ「まれ」。漆塗り職人になりたくて、祖父・紺谷弥太郎(中村敦夫)に弟子入りしたものの、このところ関係が険悪になっていた孫・圭太(山崎賢人)に対して弥太郎が「外に行ったらいい。ほな、さいなら、ケツの穴」と言い放ったことだ。

 これに飛びついたのが朝ドラとの連携プレーが恒例になっている「あさイチ」の有働由美子(46)。オープニング早々、隣にいた柳沢秀夫解説委員に「ケツの穴ってどういう意味なんですか?」と尋ねると、柳沢は「懐が小さいみたいな意味じゃないかと……」とゴニョゴニョ。すると、この日のゲスト・益子直美まで「ケツの穴って」とつられてしまった。

 当然、ネットは早速この話題を取り上げているが、意外なことに「朝からケツの穴なんて言ってるけど、海外なら“ピー”ですよ」という否定的な反応はごく一部。むしろ「いやあ、NHKさん、朝からやるじゃないか」「有働さん、もしかしてNHKアナウンサーで初めて“ケツの穴”って言った人じゃないかな?」という声が大部分だった。

 これまでも「ワキ汗」「セックスレス」などさまざまな物議を醸してきた有働アナ。視聴者の方も、もうこの程度では驚かないということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る