NHKが朝から“ケツの穴”連呼…「まれ」のセリフきっかけに

公開日: 更新日:

 30日、朝からNHKが「ケツの穴」で大変なことになっていた。発端は朝ドラ「まれ」。漆塗り職人になりたくて、祖父・紺谷弥太郎(中村敦夫)に弟子入りしたものの、このところ関係が険悪になっていた孫・圭太(山崎賢人)に対して弥太郎が「外に行ったらいい。ほな、さいなら、ケツの穴」と言い放ったことだ。

 これに飛びついたのが朝ドラとの連携プレーが恒例になっている「あさイチ」の有働由美子(46)。オープニング早々、隣にいた柳沢秀夫解説委員に「ケツの穴ってどういう意味なんですか?」と尋ねると、柳沢は「懐が小さいみたいな意味じゃないかと……」とゴニョゴニョ。すると、この日のゲスト・益子直美まで「ケツの穴って」とつられてしまった。

 当然、ネットは早速この話題を取り上げているが、意外なことに「朝からケツの穴なんて言ってるけど、海外なら“ピー”ですよ」という否定的な反応はごく一部。むしろ「いやあ、NHKさん、朝からやるじゃないか」「有働さん、もしかしてNHKアナウンサーで初めて“ケツの穴”って言った人じゃないかな?」という声が大部分だった。

 これまでも「ワキ汗」「セックスレス」などさまざまな物議を醸してきた有働アナ。視聴者の方も、もうこの程度では驚かないということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る