ムッシュかまやつ公表 肝臓がんの最新治療事情を医師語る

公開日:  更新日:

 かつて「ザ・スパイダース」で「かまやつひろし」として活動していた歌手のムッシュかまやつさん(77)が肝臓がんで入院中であることを6日、所属事務所がFAXで発表した。それによると、5月に異常が発見され、通院治療をしていたが、8月23日に脱水症状を起こし緊急搬送、そのまま検査入院したという。

 このFAXでムッシュは「絶対復活するから心配しないでください」とのコメントを発表している。その言葉通り「カムバックする可能性は高いですよ」というのは医学博士の米山公啓氏だ。

「肝臓というのは無数の血管が張り巡らされていて、かつては手術が非常に難しい部位でした。しかし、近年は『エタノール注入法』や『ラジオ波焼灼術』『肝動脈塞栓術』など数々の手術法が確立されている。以前ほど怖い病気ではないのです」(米山公啓氏)

 たしかに、肝臓がんで亡くなった有名人を調べると市川雷蔵、石原裕次郎、松本清張など“昔の名前”が多い。ある調査によると、20年前の肝臓がんの5年生存率はわずか20%だったのに、近年は54%にまで高まっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る