• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北斗晶 乳がんで右乳房全摘出手術へ「長い闘いに入ります」

 元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48)が23日、ブログで乳がんを患っていることをファンに報告した。乳頭の下に直径2センチの腫瘍が見つかり、24日、手術で右の乳房を全摘出。がんは脇のリンパにまで転移している恐れがあるという。

 乳がんの診断を受けたのは7月7日。以後約2カ月半、関係者に一切知らせることなく仕事をこなした。

 胸を全摘する必要性を告げられ、手術を受け入れられず葛藤したが、医師の「胸のことよりも今は5年先、10年先、生きることを考えましょう」とのアドバイスに手術を決意したという。

 北斗はブログに「愛する子供たちの白髪の生えた顔が見たい。パパ(プロレスラーの佐々木健介)と2人で年を取ってもいつまでも手をつないで歩きたい」と書き、「5年先、10年先を生きるために長い闘いに入ります!」と闘病の決意をつづった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事