• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北斗晶 乳がんで右乳房全摘出手術へ「長い闘いに入ります」

 元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48)が23日、ブログで乳がんを患っていることをファンに報告した。乳頭の下に直径2センチの腫瘍が見つかり、24日、手術で右の乳房を全摘出。がんは脇のリンパにまで転移している恐れがあるという。

 乳がんの診断を受けたのは7月7日。以後約2カ月半、関係者に一切知らせることなく仕事をこなした。

 胸を全摘する必要性を告げられ、手術を受け入れられず葛藤したが、医師の「胸のことよりも今は5年先、10年先、生きることを考えましょう」とのアドバイスに手術を決意したという。

 北斗はブログに「愛する子供たちの白髪の生えた顔が見たい。パパ(プロレスラーの佐々木健介)と2人で年を取ってもいつまでも手をつないで歩きたい」と書き、「5年先、10年先を生きるために長い闘いに入ります!」と闘病の決意をつづった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る