小林麻央の乳がん 専門医は“トリプルネガティブ”を懸念

公開日:  更新日:

「単刀直入に言うと乳がんです。1年8カ月ほど前に人間ドックで分かりました。(現在は)抗がん剤治療をやっております」

 夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が9日の記者会見で明かした妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)の病状。報道陣からがんの進行状況について問われると「“深刻である”ということでひとつご理解いただきたい」と答えたが、その言葉が意味するものはあまりに重い。「1年8カ月」という月日は治療の基本である手術に向けて抗がん剤治療をする期間としては異例の長さだからだ。

 婦人科医で機能性医学専門医の「サーモセルクリニック」(東京・品川区)の斎藤糧三院長はこう分析する。

「1年8カ月という長さを考えると、“トリプルネガティブ”の可能性があります」

■乳がん全体の10~15%

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る