「朝の太陽まぶしくて」…末期がんの今井雅之が語っていた夢

公開日: 更新日:

 この日、普段なら開口一番発する「押忍!」の声は最後まで聞かれなかった。

 30日、大腸がんのため降板していた舞台「THE WINDS OF GOD」のゲネプロ(通し稽古)を前に会見を開いた今井雅之(54)。

 集まった報道陣に「座ったままですみません」とかすれた声で頭を下げ、「これが精いっぱいの声で……マイク通してますけど、聞こえてますか?」「これ(降板は)はドクターストップと自分の判断。事務所の意向じゃなく自分の判断で降ろさせてくれと……」と語り、病状は「末期がんの『ステージ4』」だと明かした。

 現在は入院中で、抗がん剤治療は2クール目に突入。「今はフルーツしか胃に入らない状態」だという。看病する妻のことを聞かれると「『早く浮気できるくらい元気になってね』と涙ながらに言ってました。家内が一番ツラいんじゃないですか」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る