日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元・三木道三さん 引退の真相を語る「寝たきりだった」

「一生一緒にいてくれや、みてくれや才能も全部含めてぇ~」の歌詞で知られる2001年のヒット曲「Lifetime Respect」。この曲でレゲエ界初のオリコンチャート1位に輝いたのが、本日登場のレゲエミュージシャン、三木道三改め「DOZAN11」さん(47)だ。今どうしているのか?

■「コードもキーもよく分かってなかった」

 DOZANさんに会ったのは、都内にある所属事務所の一室。機材でメロディーを奏でながら、ノートパソコンに向かって熱心に作業をしていた。

「ええタイミングで来たね。実は最近、『PhotoMusic』っていう、画像をメロディーに変換するソフトの開発に関わってるねん。書いてもらうとしたら、ゲンダイさんが初めてやで」

 02年の絶頂期に三木道三としての活動を突然引退したDOZANさんは、14年に新曲「Nippon!!」などをリリースして再デビュー。現在はライブや楽曲プロデュースを中心に活動している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事