• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元サムエル大久保伸隆さん 「ラストチャンス」封印の過去

 1990年代にお茶の間を沸かせたバラエティー番組「雷波少年」(日本テレビ系)で、“失敗したら即解散”という崖っぷち企画に挑戦した3人組バンド「サムシングエルス」(以下、サムエル)。NHK紅白に出場するなど人気を博したが2006年、惜しまれつつ解散した。そのメーンボーカルとして活躍したのが大久保伸隆さん(42)。今どうしているのか?

■再び歌い始めたのは最近のこと

 大久保さんに会ったのは東京・六本木のカフェ。目深にかぶった帽子からのぞかせる笑顔は、大ブレークした当時の印象そのままだ。大久保さん、今でも音楽活動は現役バリバリで、最近はワンマンライブの準備に追われているのだという。

「主な活動はワンマンライブです。2、3カ月に1回、年に5回のペースで開催しています。曲調はバンド時代と同じくアコースティックスタイル。新曲が完成したら、その都度、ライブでお客さんに披露しているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る