元サムエル大久保伸隆さん 「ラストチャンス」封印の過去

公開日: 更新日:

 1990年代にお茶の間を沸かせたバラエティー番組「雷波少年」(日本テレビ系)で、“失敗したら即解散”という崖っぷち企画に挑戦した3人組バンド「サムシングエルス」(以下、サムエル)。NHK紅白に出場するなど人気を博したが2006年、惜しまれつつ解散した。そのメーンボーカルとして活躍したのが大久保伸隆さん(42)。今どうしているのか?

■再び歌い始めたのは最近のこと

 大久保さんに会ったのは東京・六本木のカフェ。目深にかぶった帽子からのぞかせる笑顔は、大ブレークした当時の印象そのままだ。大久保さん、今でも音楽活動は現役バリバリで、最近はワンマンライブの準備に追われているのだという。

「主な活動はワンマンライブです。2、3カ月に1回、年に5回のペースで開催しています。曲調はバンド時代と同じくアコースティックスタイル。新曲が完成したら、その都度、ライブでお客さんに披露しているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  9. 9

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る