厳しい監視のもと…公衆電話で10円玉を重ねた初めての恋は

公開日:  更新日:

「コンビニに行ってきます」と言って、部屋を出て、電話ボックスに駆け込んだ。

「きょうはどこへ行って、こんなことがあったよ」

 10円玉を緑の電話の上に重ねて、ボタンを押す。たわいのない話をして「うん、うん」と相づちが受話器から聞こえてくるだけでうれしかった。

 しばらくして私は、ひとり暮らしを始めた。しかし、そこに彼を招くことはなかった。家の行き来を誰かに見つかって、それこそ撮られてしまったりしたら大変なことになってしまうからだ。

 彼はいつも優しく、怒ったり、無理なことを言うこともない。いつも私を気にかけていてくれた。喧嘩など一度もしたことがない。やがて、こんな自分が相手で申し訳ないという気持ちが募り、私から別れを告げてこの恋は終わった。2年ほどの付き合いだっただろうか。一緒にいた時など数えるくらいしかない。それでもその時、その恋は私にトキメキをくれた。

 友達の協力がなければ会うことすらかなわなかった、ひとりの女の子の恋物語である。

 (構成・長昭彦/日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る