• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

厳しい監視のもと…公衆電話で10円玉を重ねた初めての恋は

「コンビニに行ってきます」と言って、部屋を出て、電話ボックスに駆け込んだ。

「きょうはどこへ行って、こんなことがあったよ」

 10円玉を緑の電話の上に重ねて、ボタンを押す。たわいのない話をして「うん、うん」と相づちが受話器から聞こえてくるだけでうれしかった。

 しばらくして私は、ひとり暮らしを始めた。しかし、そこに彼を招くことはなかった。家の行き来を誰かに見つかって、それこそ撮られてしまったりしたら大変なことになってしまうからだ。

 彼はいつも優しく、怒ったり、無理なことを言うこともない。いつも私を気にかけていてくれた。喧嘩など一度もしたことがない。やがて、こんな自分が相手で申し訳ないという気持ちが募り、私から別れを告げてこの恋は終わった。2年ほどの付き合いだっただろうか。一緒にいた時など数えるくらいしかない。それでもその時、その恋は私にトキメキをくれた。

 友達の協力がなければ会うことすらかなわなかった、ひとりの女の子の恋物語である。

 (構成・長昭彦/日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る