徹夜の撮影続き…学校の授業はおろか満足に眠る余裕もなく

公開日:  更新日:

大西結花編 <4>

 果てしなく繰り返されるテストのたびに、同年代の出演者と顔を見合わせていた。多感な中学生たちの青春群像劇、映画「台風クラブ」(1985年公開)の夜のプールのシーンのロケ。テストとはカメラテストのことで、カメラは回ってはいない。鬼監督と言われた相米慎二監督がずっと黙ったままだから、私たちはどこをどう変えればいいのか、どう演じていいのかも分からない。

「自分たちで考えて、動きを変えてごらん」

 助監督のアドバイスで輪になって話し合い、動きを変えてみる。それでも、監督は何も言わない。そうこうしているうちに夜が明ける。次の日の集合は時間が大幅に早められ、昼になった。それでもまた夜が明けて、また徹夜。それで、次の集合時間は午前中と告げられた。

 そうやってはじめても、また夜が明けた。当時私は高校1年だったが、授業はおろか、満足に眠る余裕もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る