事務所社長宅に下宿 高校と芸能界の“二足の草鞋”が始まる

公開日:  更新日:

大西結花編 <3>

 中学卒業と同時に東京に出た。学校の先生を目指すつもりが、芸能界の扉を叩いた。どうなるか分からないし、寂しさもあったが、いつまでも、実家にいても意味がないと思った。

 出発のとき、新大阪の新幹線のホームで幼馴染みの親友が見送ってくれた。「これ」と渡された紙包みには、ふたりでつけていた交換日記。

「私はここでこれからも友だちと一緒だけど、ゆっちはひとりぼっちになるでしょう」

 一緒にバンドをやろうと話していたこともあった親友。私たちは別々の進路に歩み出した。

 乗る予定だった新幹線は行ってしまい、何本か遅い便で東京駅に到着すると、待ちわびていた事務所社長に怒られた。1984年に携帯などあるはずもなく、遅れる連絡の取りようもなかった。

 社長宅に下宿し、高校と芸能界の二足の草鞋を履くことになった。午前中に授業を受け、午後から仕事という毎日。用意してもらった部屋には、ピンクのカーテンがかかり、ピンクのベッドカバーがあった。実家では姉と相部屋で2段ベッドだったから、初めての個室がうれしかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る