事務所社長宅に下宿 高校と芸能界の“二足の草鞋”が始まる

公開日: 更新日:

大西結花編 <3>

 中学卒業と同時に東京に出た。学校の先生を目指すつもりが、芸能界の扉を叩いた。どうなるか分からないし、寂しさもあったが、いつまでも、実家にいても意味がないと思った。

 出発のとき、新大阪の新幹線のホームで幼馴染みの親友が見送ってくれた。「これ」と渡された紙包みには、ふたりでつけていた交換日記。

「私はここでこれからも友だちと一緒だけど、ゆっちはひとりぼっちになるでしょう」

 一緒にバンドをやろうと話していたこともあった親友。私たちは別々の進路に歩み出した。

 乗る予定だった新幹線は行ってしまい、何本か遅い便で東京駅に到着すると、待ちわびていた事務所社長に怒られた。1984年に携帯などあるはずもなく、遅れる連絡の取りようもなかった。

 社長宅に下宿し、高校と芸能界の二足の草鞋を履くことになった。午前中に授業を受け、午後から仕事という毎日。用意してもらった部屋には、ピンクのカーテンがかかり、ピンクのベッドカバーがあった。実家では姉と相部屋で2段ベッドだったから、初めての個室がうれしかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る