• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

事務所社長宅に下宿 高校と芸能界の“二足の草鞋”が始まる

大西結花編 <3>

 中学卒業と同時に東京に出た。学校の先生を目指すつもりが、芸能界の扉を叩いた。どうなるか分からないし、寂しさもあったが、いつまでも、実家にいても意味がないと思った。

 出発のとき、新大阪の新幹線のホームで幼馴染みの親友が見送ってくれた。「これ」と渡された紙包みには、ふたりでつけていた交換日記。

「私はここでこれからも友だちと一緒だけど、ゆっちはひとりぼっちになるでしょう」

 一緒にバンドをやろうと話していたこともあった親友。私たちは別々の進路に歩み出した。

 乗る予定だった新幹線は行ってしまい、何本か遅い便で東京駅に到着すると、待ちわびていた事務所社長に怒られた。1984年に携帯などあるはずもなく、遅れる連絡の取りようもなかった。

 社長宅に下宿し、高校と芸能界の二足の草鞋を履くことになった。午前中に授業を受け、午後から仕事という毎日。用意してもらった部屋には、ピンクのカーテンがかかり、ピンクのベッドカバーがあった。実家では姉と相部屋で2段ベッドだったから、初めての個室がうれしかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る