厳しい監視のもと…公衆電話で10円玉を重ねた初めての恋は

公開日: 更新日:

 そういう状況だったから、一人で出歩くのも怖かったりした。まあ、プライベートな時間などほとんどなかったのだけれど。たとえば仕事を終えて戻った自分の部屋でベッドに入るまでの間も、これが金曜日だったりすると、土日のキャンペーン用のサイン色紙、300枚以上を書いていたりする。山積みの色紙にペンを入れながら、突っ伏して眠ってしまう。街を出歩いたり、はやりの映画を見に行ったりしたこともない。夜の六本木や西麻布など、別世界だった。バブルの華やかな思い出を聞かれることもあるけど、ドラマの打ち上げなどの景品にハワイ旅行や大型テレビがあって、驚いたくらいである。

 そんな私も恋をした。アイドルは交際禁止と言われていたのは分かっていたが、それでも恋はしてしまうのだから仕方がない。それは、今思えば可愛い、おままごとみたいなもので、ほとんどは私から電話をかけるだけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る