厳しい監視のもと…公衆電話で10円玉を重ねた初めての恋は

公開日: 更新日:

 そういう状況だったから、一人で出歩くのも怖かったりした。まあ、プライベートな時間などほとんどなかったのだけれど。たとえば仕事を終えて戻った自分の部屋でベッドに入るまでの間も、これが金曜日だったりすると、土日のキャンペーン用のサイン色紙、300枚以上を書いていたりする。山積みの色紙にペンを入れながら、突っ伏して眠ってしまう。街を出歩いたり、はやりの映画を見に行ったりしたこともない。夜の六本木や西麻布など、別世界だった。バブルの華やかな思い出を聞かれることもあるけど、ドラマの打ち上げなどの景品にハワイ旅行や大型テレビがあって、驚いたくらいである。

 そんな私も恋をした。アイドルは交際禁止と言われていたのは分かっていたが、それでも恋はしてしまうのだから仕方がない。それは、今思えば可愛い、おままごとみたいなもので、ほとんどは私から電話をかけるだけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  5. 5

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る