• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

厳しい監視のもと…公衆電話で10円玉を重ねた初めての恋は

 そういう状況だったから、一人で出歩くのも怖かったりした。まあ、プライベートな時間などほとんどなかったのだけれど。たとえば仕事を終えて戻った自分の部屋でベッドに入るまでの間も、これが金曜日だったりすると、土日のキャンペーン用のサイン色紙、300枚以上を書いていたりする。山積みの色紙にペンを入れながら、突っ伏して眠ってしまう。街を出歩いたり、はやりの映画を見に行ったりしたこともない。夜の六本木や西麻布など、別世界だった。バブルの華やかな思い出を聞かれることもあるけど、ドラマの打ち上げなどの景品にハワイ旅行や大型テレビがあって、驚いたくらいである。

 そんな私も恋をした。アイドルは交際禁止と言われていたのは分かっていたが、それでも恋はしてしまうのだから仕方がない。それは、今思えば可愛い、おままごとみたいなもので、ほとんどは私から電話をかけるだけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る