ロックンローラーコンテスト準優勝で開けた芸能界への扉

公開日:  更新日:

大西結花編 <2>

 中学時代の私はロックンロールのとりこだった。横浜銀蝿が人気だったこともあるけど、フリルのスカートに髪形をポニーテールにして、リボンをつけて踊るローラー族のファッションがとにかくすてきだったのだ。

 大阪では梅田と中之島公園、大阪城公園が彼らの聖地だった。14歳の私は行動的で、実家のある豊中市から電車を乗り継いで、大阪城公園に行った。そこにはラジカセでアメリカン・フィフティーズの音楽をかけて、いろんなグループが輪になって踊っていた。うれしくて、そんなみんながまぶしくて、座って見学していると、「一緒に踊ろうよ」と声がかかった。

 人混みのひいた夕方、レッスンが始まった。メンバーは高校生や大学生、社会人もいて、中学生の私にはお兄さん、お姉さんだったが、5歳年上の姉がいたし、皆とても優しく面倒を見てくれて、すぐに打ち解けていった。平日は放課後、バスケ部で汗を流し、日曜日はローラー族。メンバーの中には不良っぽいと親に反対され、着替え袋に衣装を入れてトイレで着替えて踊る人たちもいた。私は母がフィフティーズが大好きで、青春まっただ中に聴いていたことが幸いして、応援してもらっていた。父は頑固でしつけに厳しかったけれど、このとき何か言われた記憶がないのは母が説得してくれたのかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る