ロックンローラーコンテスト準優勝で開けた芸能界への扉

公開日:  更新日:

大西結花編 <2>

 中学時代の私はロックンロールのとりこだった。横浜銀蝿が人気だったこともあるけど、フリルのスカートに髪形をポニーテールにして、リボンをつけて踊るローラー族のファッションがとにかくすてきだったのだ。

 大阪では梅田と中之島公園、大阪城公園が彼らの聖地だった。14歳の私は行動的で、実家のある豊中市から電車を乗り継いで、大阪城公園に行った。そこにはラジカセでアメリカン・フィフティーズの音楽をかけて、いろんなグループが輪になって踊っていた。うれしくて、そんなみんながまぶしくて、座って見学していると、「一緒に踊ろうよ」と声がかかった。

 人混みのひいた夕方、レッスンが始まった。メンバーは高校生や大学生、社会人もいて、中学生の私にはお兄さん、お姉さんだったが、5歳年上の姉がいたし、皆とても優しく面倒を見てくれて、すぐに打ち解けていった。平日は放課後、バスケ部で汗を流し、日曜日はローラー族。メンバーの中には不良っぽいと親に反対され、着替え袋に衣装を入れてトイレで着替えて踊る人たちもいた。私は母がフィフティーズが大好きで、青春まっただ中に聴いていたことが幸いして、応援してもらっていた。父は頑固でしつけに厳しかったけれど、このとき何か言われた記憶がないのは母が説得してくれたのかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る