「スケバン刑事Ⅲ」が大ヒット 高校へ電車通学が不可能に

公開日: 更新日:

大西結花編 <5>

 ドラマ「スケバン刑事Ⅲ」がはじまった1986年の秋、私は現役の高校生だった。撮影が関東地方の山中でのロケがメインだったこともあり、早い時は朝の4時ごろに家を出て、帰りは遅い時で深夜の2~3時。自分のベッドでは2~3時間寝られればいいほう。高校が舞台のドラマのためほぼ一日制服を着ていたけれど、実際に通っていた高校へは足が遠のくばかりであった。

 私の役どころは「風間三姉妹」の長女、折り鶴の結花。次女役の中村由真ちゃん、三女役の浅香唯ちゃんとはすぐに打ち解けて、仲良くなれた。撮影は超のつく過酷さで、昼間に唯がダウンしたから、由真と私で励まし、由真が膝を擦りむいたら、唯と真っ先に駆けつけ、お互いで助け合う。戦友のようだったと思う。

 私は立ち回りが不得意で、「アクションシーンを出来るだけ少なくして欲しいなぁ」とお願いしたりしたこともある。ある時には前転するときに逆立ちのまま、止まってしまったことも。スカートが真っ逆さまになってめくれて、地面からスタッフさんの目がテンになっているのが見えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る