• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スケバン刑事Ⅲ」が大ヒット 高校へ電車通学が不可能に

大西結花編 <5>

 ドラマ「スケバン刑事Ⅲ」がはじまった1986年の秋、私は現役の高校生だった。撮影が関東地方の山中でのロケがメインだったこともあり、早い時は朝の4時ごろに家を出て、帰りは遅い時で深夜の2~3時。自分のベッドでは2~3時間寝られればいいほう。高校が舞台のドラマのためほぼ一日制服を着ていたけれど、実際に通っていた高校へは足が遠のくばかりであった。

 私の役どころは「風間三姉妹」の長女、折り鶴の結花。次女役の中村由真ちゃん、三女役の浅香唯ちゃんとはすぐに打ち解けて、仲良くなれた。撮影は超のつく過酷さで、昼間に唯がダウンしたから、由真と私で励まし、由真が膝を擦りむいたら、唯と真っ先に駆けつけ、お互いで助け合う。戦友のようだったと思う。

 私は立ち回りが不得意で、「アクションシーンを出来るだけ少なくして欲しいなぁ」とお願いしたりしたこともある。ある時には前転するときに逆立ちのまま、止まってしまったことも。スカートが真っ逆さまになってめくれて、地面からスタッフさんの目がテンになっているのが見えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る