青春の1ページ 修学旅行で他校の生徒に見つかり大パニック

公開日: 更新日:

大西結花編 <6>

 10代は男性とふたりでしゃべることさえ、いけないことだと言われていた。アイドルタレントを仕事にしている以上、恋愛禁止は当たり前と、それを疑うこともなかった。素顔で笑えるのは楽屋で同年代の女の子たちとわいわいやって、ポーチの化粧道具を見せ合うときくらい。男性アイドルと電話番号をこっそり交換したとか、密会デートなど一度もない。

 空き時間を見つけると、マネジャーとラフォーレ原宿に走って、ひとときの買い物を楽しんだ。また、高校時代の同級生がドライブに誘ってくれ、夜景の奇麗なスポットに行ったのを覚えている。人気な場所で人も多く、私だと誰かに気付かれたらと思うと落ち着かなかったけれど、束の間のオフを楽しんだ。通学中に男子生徒に囲まれた経験から、何かあったらどうしようと不安もあったけれど、それもすてきな思い出だ。

 ドラマ「スケバン刑事Ⅲ」以後も、たくさんのお仕事をいただいた。「8時だョ!全員集合」の終わる年にゲスト出演させていただいたのも幸運だったと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る