青春の1ページ 修学旅行で他校の生徒に見つかり大パニック

公開日: 更新日:

大西結花編 <6>

 10代は男性とふたりでしゃべることさえ、いけないことだと言われていた。アイドルタレントを仕事にしている以上、恋愛禁止は当たり前と、それを疑うこともなかった。素顔で笑えるのは楽屋で同年代の女の子たちとわいわいやって、ポーチの化粧道具を見せ合うときくらい。男性アイドルと電話番号をこっそり交換したとか、密会デートなど一度もない。

 空き時間を見つけると、マネジャーとラフォーレ原宿に走って、ひとときの買い物を楽しんだ。また、高校時代の同級生がドライブに誘ってくれ、夜景の奇麗なスポットに行ったのを覚えている。人気な場所で人も多く、私だと誰かに気付かれたらと思うと落ち着かなかったけれど、束の間のオフを楽しんだ。通学中に男子生徒に囲まれた経験から、何かあったらどうしようと不安もあったけれど、それもすてきな思い出だ。

 ドラマ「スケバン刑事Ⅲ」以後も、たくさんのお仕事をいただいた。「8時だョ!全員集合」の終わる年にゲスト出演させていただいたのも幸運だったと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る