青春の1ページ 修学旅行で他校の生徒に見つかり大パニック

公開日:  更新日:

大西結花編 <6>

 10代は男性とふたりでしゃべることさえ、いけないことだと言われていた。アイドルタレントを仕事にしている以上、恋愛禁止は当たり前と、それを疑うこともなかった。素顔で笑えるのは楽屋で同年代の女の子たちとわいわいやって、ポーチの化粧道具を見せ合うときくらい。男性アイドルと電話番号をこっそり交換したとか、密会デートなど一度もない。

 空き時間を見つけると、マネジャーとラフォーレ原宿に走って、ひとときの買い物を楽しんだ。また、高校時代の同級生がドライブに誘ってくれ、夜景の奇麗なスポットに行ったのを覚えている。人気な場所で人も多く、私だと誰かに気付かれたらと思うと落ち着かなかったけれど、束の間のオフを楽しんだ。通学中に男子生徒に囲まれた経験から、何かあったらどうしようと不安もあったけれど、それもすてきな思い出だ。

 ドラマ「スケバン刑事Ⅲ」以後も、たくさんのお仕事をいただいた。「8時だョ!全員集合」の終わる年にゲスト出演させていただいたのも幸運だったと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る