地球8周分を走破 国道マニアの楽しみ

公開日:  更新日:

 紅葉が見頃を迎え、温泉やグルメを組み合わせたお出かけが楽しい季節になった。次の週末はドライブというサラリーマンも多いだろうが、たまには変わった遠出はどうか。「国道」をめぐる旅である。

 普段、何げなく目にしている国道の道路標識。逆三角形の角が丸くなったような形状で、上から「国道 1ROUTE」などと書かれている。これを「おにぎり」と呼ぶのが「国道マニア」といわれる人たち。全国に万単位で存在しているという。サイエンスライターの佐藤健太郎氏も、そのひとり。マニア歴17年で32万キロを走破した。3台の車を乗り換え、地球を8周したことになる。先月、「ふしぎな国道」(講談社現代新書)を上梓した。

「上には上がいて、38万キロを走ったという人もいます。月まで行ったのと同じですね。1年間で459本の全国道をコンプリートした人もいるし、最近は『何日でコンプリートできるか』を競ったりもされている。国道1号のタイムアタックもあって、ある人が15時間台の記録を出したら、1970年代に12時間台で走破したという人も出てきたり……。カギを握るのは、スピードではなく渋滞。どこかで必ず混雑する時間帯にぶつかるので、綿密な計画を立てて挑まなければ好記録は出せません。一口に国道マニアといっても、楽しみ方はさまざまです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る