地球8周分を走破 国道マニアの楽しみ

公開日: 更新日:

 紅葉が見頃を迎え、温泉やグルメを組み合わせたお出かけが楽しい季節になった。次の週末はドライブというサラリーマンも多いだろうが、たまには変わった遠出はどうか。「国道」をめぐる旅である。

 普段、何げなく目にしている国道の道路標識。逆三角形の角が丸くなったような形状で、上から「国道 1ROUTE」などと書かれている。これを「おにぎり」と呼ぶのが「国道マニア」といわれる人たち。全国に万単位で存在しているという。サイエンスライターの佐藤健太郎氏も、そのひとり。マニア歴17年で32万キロを走破した。3台の車を乗り換え、地球を8周したことになる。先月、「ふしぎな国道」(講談社現代新書)を上梓した。

「上には上がいて、38万キロを走ったという人もいます。月まで行ったのと同じですね。1年間で459本の全国道をコンプリートした人もいるし、最近は『何日でコンプリートできるか』を競ったりもされている。国道1号のタイムアタックもあって、ある人が15時間台の記録を出したら、1970年代に12時間台で走破したという人も出てきたり……。カギを握るのは、スピードではなく渋滞。どこかで必ず混雑する時間帯にぶつかるので、綿密な計画を立てて挑まなければ好記録は出せません。一口に国道マニアといっても、楽しみ方はさまざまです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る