“鉄ちゃん”ならずとも楽しい有田川鉄道公園で機関車を運転

公開日:

 撮り鉄、乗り鉄、時刻表鉄……鉄道ファンにはいろんなタイプが存在するそうだが、そこまでのマニアじゃなくても、機会があればやってみたいと思うのが列車の運転ではないか。たまたま先頭車両に乗車して運転席が見えた時などは、ついつい運転士の動作を眺めてしまう。がちゃん、がちゃんと動かす左右のレバーには、いったい、どんな役目があるのだろうか。それを知るためには、車両の運転体験に参加するといい。D51蒸気機関車からトロッコまで、運転体験を実施しているところはいくつかある。

 そんな中、比較的割安に夢をかなえられるのが、有田川鉄道公園(和歌山県有田川町、℡0737・52・8710)の線路上で行われる運転体験だ。旧有田鉄道の東西400メートルの線路上で、神戸製鋼の製鉄所で活躍していたという機関車DL17を運転できるイベントである。毎月1回のペースで実施されていて、今月は15日(土)の開催。料金は1万円で、初回は30分の講習に別途2000円が必要だ。諭吉1枚と聞くと安くないと思うだろうが、倍以上の料金で実施されるところもあるから良心的である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る