高輪ゲートウェイ駅定着は…“カタカナ付き最長”ゆえの不安

公開日:

「一般に定着するの?」――。こんな声が上がっているのが山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」だ。

 同駅は田町―品川間に整備中で、2020年春に開業予定だ。駅名は一般から公募し、1位「高輪」、2位「芝浦」、3位「芝浜」の順だった。この結果をもとに駅名選定委員会が高輪ゲートウェイと命名した。

 山手線が環状運転を開始したのは1925年。95年目にしてカタカナ交じりの駅名が誕生することになるが、気なるのはその長さだ。山手線の駅名をひらがなにした場合、最長は浜松町の7文字。これに6文字の高田馬場、西日暮里、新大久保が続く。高輪ゲートウェイは10文字だ。

「ちょっと長すぎますね」とは交通ジャーナリストの間貞麿氏。

「山手線はビジネスなどの中心なので利用者は忙しい。フルネームで発音するのは面倒だから、いずれ『タカゲー駅』と短縮したり、『山手線の高輪駅』と呼ぶことになりそうです。この名前は東京五輪も意識し、東海道の玄関口や世界へのゲートなどの意味が込められているようですが、ちょっと紛らわしい。外国人は高輪という大型施設があって、その入り口だと勘違いするでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る