大手生損保が本腰 「認知症保険」は老後の手助けになるか

公開日: 更新日:

 大手の生命保険、損害保険会社がいよいよ認知症保険の販売に乗り出した。内閣府の「高齢社会白書」によると、2015年に525万人だった認知症患者は、2025年には730万人を突破するという。

 人生100歳時代という超高齢化社会が進む一方、長生きするほど認知症になるリスクが高まることが分かっている。

 第一生命が12月18日に販売を開始するのが「かんたん告知『認知症保険』」。40歳から85歳まで加入でき、契約から2年が経過し、認知症と診断されれば加入期間に応じて200万円から1000万円の保険金が支払われる。仮に加入から2年以内に認知症になった場合は、その間の保険料は返還される。例えば55歳で月払い3909円の保険料で加入した場合(男性)、認知症の診断を受けると保険金300万円が支給される。

「本人が認知症になったら、保険金を請求する手続きができません。保険に加入したことすら忘れてしまう可能性があるため、事前に登録したお子さんなどが請求手続きできる代理請求特約を付けています。また業界初の、家族が離れて暮らす加入者(親)の様子をアルソックのガードマンが自宅まで見に行く“ALSOK駆け付けサービス”を付帯しています」(同社グループ経営本部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る