妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か。

公開日: 更新日:
コクハク

不満ではない場合もある!? つまらない男の正体6選

 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人はあまりいない…となると、「つまらない夫」トークは惚気(のろけ)!? 妻たちに詳しい話を聞いてみました!

 どんな夫だと、女性は「つまらない男」と感じるのでしょうか。つまらない男の正体に迫ります。

1. 話さない

「うちの夫はとにかく無口! 話しかけても『うん』くらいで、会話が成り立たない。嬉しかった出来事とかビックリした話をしてもほぼ無反応だから、一緒にいてもつまらない」(42歳・専業主婦)

 会話のキャッチボールができない夫。話しかけても反応が薄いため、アレクサに話しかける方がまだ楽しいそうです。

2. 否定ばかり

「仕事の愚痴を旦那にこぼしても、否定ばかりされるんですよね。『それくらい仕方ないでしょ』とか『おまえも悪いんじゃない?』って。

 旦那はいつも正論を言う人なので、たしかにその通りだなって思うこともあるけど、家族なんだから寄り添ってくれてもいいじゃん!」(37歳・不動産

 正論を言われても「そんなの分かってるよ!」と感じますよね。「夫には味方でいてほしい」という女心を理解してくれないところが、つまらない原因でしょう。

3. 女遊びにまったく興味を持たない
「うちの夫はつまらない男ですね〜。上司から夜のお店に誘われても断って帰ってくるし、女の子との関わりも避けるタイプ。

 まったく浮気の心配がないのはいいことだけど、男としてはつまらない人なんじゃないですかね」(40歳・パート)

 こちらの女性は、独身時代によく男性に浮気されたそうです。だから女遊びに興味ない夫をつまらない男だと感じているのかもしれません。

 とはいえ「安心できる」とも話していましたから、実際のところは惚気かも!?

4. なにもしてくれない

「結婚記念日だからといってなにもしてくれないし、休日だからといってどこかに連れてってくれることもない。刺激がなさすぎてマジでつまらない」(39歳・販売)

 旦那さんは「特別なことをしたい」「妻になにかしてあげたい」と思わないタイプ夫なのでしょう。奥さんは単調な毎日に飽き飽き。大切に想われている実感も持てなくて不満だそうです。

5. ネガティブな話が多い

「口を開けば人の悪口や仕事の愚痴で、本当につまらない男。聞いてるだけで不快」(34歳・保育士)

 ネガティブな話ばかりで一緒にいてもワクワクしないそう。「ずっと無言でいてくれたほうがマシ」とも話していました。

6. 自慢話のレベルが低い
「うちの夫はよく自慢話をするんですが、レベルが低いんですよね。『昔はみんな俺を恐れるくらい喧嘩が強かった』とか『女にモテすぎて彼女を作らない時期があった』とか。

 それくらいしか自慢できるところないのー? って感じ。恥ずかしいから他所では言わないでほしいです」(43歳・美容師)

 昔のくだらなーい武勇伝を自慢してくる旦那さんとの会話が、たいくつすぎるそうです。同じような夫をもつ女性は意外と多いのでは…⁉

つまらない夫との生活は小さな不満が蓄積されやすい

 こうしてみると、つまらない夫と生活していると少しずつ不満が蓄積されるようですね。離婚に発展するような大きな問題ではないものの、「なんかヤダ!」と日々ストレスを感じるのでしょう。

 ただ、つまらないポイントが夫の長所であるエピソードもありました。毎日一緒にいる相手は、つまらないくらいがちょうどいいのかもしれません。

(恋バナ調査隊/ライター女子部)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質