フジ「新しいカギ」は令和の「学校へ行こう!」になれるか? Z世代に刺さりコア視聴率好調

公開日: 更新日:

 お笑いバラエティー番組「新しいカギ」(フジテレビ系)がすこぶる好調だという。2021年4月に放送を開始した当初は、コントベースの番組構成で視聴率が伸び悩み、打ち切りが囁かれるほどの低空飛行が続いていたが、22年11月に始まった「学校かくれんぼ」という企画が、若年層の心を掴んで急成長した。

「学校かくれんぼ」は、実際の高校を舞台に、そこに通う本当の生徒が総出で、学校のどこかに隠れたレギュラーのチョコレートプラネット霜降り明星、ハナコやゲストの芸能人を捜すというもの。他にも「高校生クイズ何問目?」や「校内一周!障害物駅伝」など、学校企画をメインに据え、サブでコントを展開している。

 コンセプトや構成の見直しが功を奏してか、フジテレビの港浩一社長は24年3月度の社長会見で、「『ドッキリGP』と『新しいカギ』のコア視聴率が好調で、1月クール12週のうち、G・P・全日の3冠を5週獲得できている」と好調ぶりをアピールした。

 学校を舞台に、生徒たちが本気で楽しめるコンテンツを共に作り上げるという番組の姿勢に対し、視聴者からは《新しいカギ、令和版学校へ行こうみたいな感じがする》と、TBS系で1997年10月から2005年3月までレギュラー放送されたバラエティー番組「学校へ行こう!」を想起する声も上がっている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方