野村萬斎が「アンチヒーロー」の怪演でヒールNo.1役者に “ポスト香川照之”に躍り出た!

公開日: 更新日:

 型破りな弁護士の活躍を描く日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)で、主人公の明墨弁護士(長谷川博己)に立ちはだかる東京地検の悪徳検事正・伊達原を演じている狂言師の野村萬斎(58)が話題だ。

 最終回前のラストとなる第9話(9日放送)の平均世帯視聴率は11.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ=以下同)。昨年、大ヒットとなった同じ日曜劇場の「VIVANT」の最終回視聴率19.6%には及ばずとも、どこまで迫れるかにも注目が集まる中、“ラスボス”伊達原検事正が明墨弁護士を潰すためのあくどいやり口は回を追うごとにエスカレート。その狂気に満ちたセリフまわしと“顔芸”の激しさも増している。

 日曜劇場といえば、歌舞伎役者や落語家ら、伝統芸能の大物を悪役に据えるのが定番だが、「半沢直樹」などで、その代表的存在となったのは、香川照之(58)。しかし香川は、約2年前の2022年8月、銀座ホステスへの性加害疑惑が報じられ、一気にテレビから姿を消してしまった。

「当時、“ポスト香川の敵役俳優”などの企画が雑誌で盛んに取り上げられ、片岡愛之助山本耕史市川猿之助らの名前がよくあがっていたが、野村萬斎の名前はあがっていなかった。しかし、ここへきて、ついに本命が登場したというわけです」(スポーツ紙ドラマ担当記者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 芸能のアクセスランキング

  1. 1

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  2. 2

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5

    日テレ都知事選中継が大炎上! 古市憲寿氏が石丸伸二氏とのやり取り酷評されSNSでヤリ玉に

  1. 6

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  2. 7

    石丸伸二氏は都知事選2位と大健闘も…投票締め切り後メディアに見せた“ブチギレ本性”の一端

  3. 8

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  4. 9

    安藤美姫が“不適切キャラ”発揮ならメディアは大歓迎? 「16歳教え子とデート報道」で気になる今後

  5. 10

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる