日本ハム「2016年大逆転V」の再現は清宮、野村の「確変」次第…首位ソフトBと8.5差

公開日: 更新日:

 16日の巨人戦は延長十二回、3-3で引き分けた2位の日本ハム交流戦はここまで、雨天順延となった阪神戦(18日)の1試合残し、8勝9敗1分け。パ・リーグは全日程を終了した首位のソフトバンクが12勝6敗と大きく勝ち越したため、ゲーム差は交流戦開始前の4.5差から8.5差に開いた。

 とはいえ、シーズンは残り81試合。逆転するチャンスは残されている。日本ハムといえば、栗山英樹監督時代の2016年、6月24日時点で首位ソフトバンクに最大11.5ゲーム差をつけられたものの、7月に15連勝するなど驚異的な追い上げを見せ、最終的に2.5差をつけて逆転優勝を果たしている。

 当時、ソフトバンクでコーチを務めていた評論家の飯田哲也氏は、「日本ハムからは栗山監督の意地というか、ホークスにだけは絶対に勝つという強いメッセージを感じました」と、こう続ける。

「栗山監督は先発ローテを変更してでも、大谷、有原、高梨の先発3本柱をぶつけてきた。ホークスは日本ハムの攻勢に屈し、直接対決で9勝15敗1分けと大きく負け越しました。今年の日本ハムに投打で活躍した大谷翔平はいませんが、山崎福、加藤、伊藤の先発3本柱は安定感があり、野手も田宮、水谷ら若手が台頭。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 野球のアクセスランキング

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  3. 3

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  4. 4

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  5. 5

    朗希の“歯車”は「開幕前からズレていた説」急浮上…メジャー挑戦どころじゃない深刻事態

  1. 6

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    「Sの赤ちゃんをつくってみてはどうだ」元野球部長の法政大学教授による女性部員へのセクハラ事案が発覚!

  4. 9

    ドジャース投壊深刻…大谷はレッドソックス戦力外の“兄貴分”上沢直之獲得を進言できないか?

  5. 10

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方