著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

志は皆同じ 濱田祐太郎の開拓した道にコストをかければ莫大なカネを生む

公開日: 更新日:

「僕がハンターとして捕まえる側で。暗闇ステージとか作ってもらえれば無敵かなって」
 (濱田祐太郎テレビ朝日系「耳の穴かっぽじって聞け!」6月4日放送)

  ◇  ◇  ◇

 2018年に「R-1ぐらんぷり」(フジテレビ系)で優勝した生まれつき、ほぼ全盲の漫談家・濱田祐太郎(34)。しかし、王者にふさわしいチャンスが与えられたかといわれると首をかしげざるを得ない。

 よく賞レースで優勝するとバラエティー番組を“一周”するなどといわれるが、他の王者と比べて「あれ? 俺、この番組呼ばれてないな」と思うことが少なくなかったという。だから、今からでも「逃走中」(フジテレビ系)に出してほしいと言って、その起用法を笑いを交えて語ったプランが、今週の言葉だ。「こういうアイデアひとつ、工夫ひとつで全然やれる余地はある」と続けた。

 そんなアイデアで濱田を起用した代表例が「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の「『箱の中身は何だろな?』得意な芸人№1濱田祐太郎説」だ。しかし、こうした例はごく限られており、障害のある芸人が出演できるのは、福祉系の番組がほとんど。そんな状況だと、たまにバラエティー番組に出ると、その人が「障害者代表」のように捉えられてしまう。だから、濱田もSNSで「障害者の芸人もバラエティーにバンバン出して世の中に慣れてもらうことの方が大事」(24年2月14日)と訴えるのだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方