相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

公開日: 更新日:

 高齢になり、財産や身辺の整理をする終活。「自分もそろそろ取り組まねば」と考えている人も多いのでは。実は、相続するほどの財産があり恵まれている人でも、子や孫は財産を残されて喜ぶとは限らない。事前に何を処分しておけば、子や孫に迷惑をかけないのか--。

 美術品買い取り専門店「獏」を運営する株式会社獏(本社:東京都大田区)はこの5月、相続の経験がある40代以上の男女1009人に「相続と骨董品」に関する調査をインターネットで実施。その結果、相続品をどのように利用・処分すればよいか悩んだことがある、と回答した人は約4割もいた。そして相続される前に親に処分しておいてほしかったものを聞いたところ、5位は自動車、4位は有価証券(株式・債券・手形・小切手など)という結果に。誰が相続すればよいのか、せめて現金化しておいてくれれば手間なく分けやすい、ということか。

 3位は美術品。これも誰が相続すればよいのかモメそうだし、売却して現金化しようにも購入価格や経緯がわからず、子ども世代は困ってしまう。数が多いとなおさら売却手続きが大変になりそうだ。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる