小池知事「リセットされたら都民が困る」と蓮舫氏批判も…本人が「リセット」の言葉が大好きだった?

公開日: 更新日:

「リセットされたら都民が困るんじゃないでしょうかね。(今の都政を)加速、前進させることが都民にとってのプラスになる」

 20日告示、7月7日投開票の東京都知事選で3選を目指す小池百合子知事(71)は14日の定例会見で、「小池都政のリセット」を訴えて出馬表明した蓮舫参院議員(56)をやんわり批判。「これは都政。都知事選に国政を持ち込むと、都民の方が戸惑うという声をいただいている。都政をどうしていくかが問われている」と敵意をあらわにした。

 SNS上では、小池氏のこの発言を受け、《その通り。蓮舫さんは国政と都政を一緒にするな》といった意見が出た一方、《いやいや、小池さんの「東京大改革3.0」の意味が分からん。だって、自分が進めてきた都政だろ。それを大改革するって何よ?自分の政策は間違えていましたと認めたってことか?》との反論もみられた。

■「希望の党」の結党会見で「リセット」を繰り返した過去

「リセット」の意味は「すべてを元に戻すこと。最初からやり直すこと」。小池氏は「リセットされたら都民が困る」などと言っていたが、そもそも「リセット」という言葉を多用していたのが他ならぬ小池氏本人だ。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差