エイベックス夏フェス「a-nation」復活で気になる「大トリは誰?」…帰宅客続出問題の解決策は

公開日: 更新日:

 エイベックスが主催する夏フェス「a-nation」が、今年は開催されることが6月14日にイベント公式インスタグラムで発表された。

 a-nationは2002年以降の夏に毎年開催されてきたが、2020年は新型コロナの流行のため、オンラインのみで実施。翌21年以降は開催そのものがなく、エイベックスファンからはイベントの自然消滅を懸念する声が上がっていた。

 今年の出演者については今のところ未発表ながら、4年ぶりの開催には《a-nation 懐かしいなぁ》といった歓喜の声が続々。ただ、開催されるなら開催されるなりの不安要素はあるようで、それはズバリ、「大トリの登場直前に、大量の帰宅客が発生することが懸念されること」だという。

 これまで開かれてきた18回のa-nationにおいて(オンライン開催の2020年は除く)、浜崎あゆみ(45)が大トリを務めた回数は15回。コロナ前最後の開催となった2019年こそ東方神起が大トリを務めてはいるものの、ほぼ毎年、浜崎が大トリを務めてきた。芸能に詳しい週刊誌記者は例年、浜崎が大トリを務める際に発生していた問題を振り返る。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方