豊田市旅館は摘発 温泉地で大ウケしている「エロサービス」

公開日:  更新日:

 コンパニオンとセックスできるプランが売りの旅館が摘発された。愛知県豊田市の「登里公」(とりこう)という旅館で、宿泊とコンパニオンとの飲み会(2時間)がセットで3万7260~4万500円。客にエッチな行為をさせていたため、愛知県警は経営者の渥美公太郎容疑者(54)と、豊橋市のコンパニオン派遣業の男(40)を売春防止法違反で逮捕した。

「料金にはセックス代も含まれ、コンパニオンは客室や風呂で本番させていた。その中に17歳の少女が2人いたので、警察も見て見ぬふりができなかったようです」(捜査事情通)

 アベノミクスの大宣伝とは裏腹に、多くの温泉地は閑古鳥が鳴いている。客を呼ぶためにやっているのがエロいサービスだ。

■多様化、進化するサービス

 風俗ライターの蛯名泰造氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る