ローマ大が衝撃発表 「Gスポット」は存在しなかった

公開日: 更新日:

 伝説の性感帯Gスポットは「存在しない」――伊ローマ大トル・ベルガータ校の研究グループが先日、英国の泌尿器学の専門誌に発表し、ネット上で「マジ!?」などと話題になっている。

 Gスポットはドイツの産婦人科医エルンスト・グレフェンベルグが1950年に唱えたもので、以来、世界中の研究者の間で「ない」「いや、ある」と大論争になってきた。
 08年には、別のイタリアの研究グループが、膣内で快感が得られる女性とそうでない女性を集めて調べた結果、「確かに存在しているが、全員に備わっているわけではない」というリポートをイギリスの科学誌に発表している。

 今回は存在まで否定されたわけで、指マンテクを磨いてきた中高年にはショックな話だが、実はそんなに気落ちすることはなくて、冒頭のローマ大の研究グループはGスポットの代わりにクリトリスと尿道、膣の前壁が複合的につながった「CUVコンプレックス」という性感帯の存在を提唱している。要するに、単純なひとつの“スポット”ではなく“帯”なのだ。ただし、執拗な攻め方にはこんな声があることを知っておいた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  9. 9

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る