「公然わいせつ」か「大人の社交場」か 新宿ハプバー潜入ルポ

公開日: 更新日:

 新宿区内の「ハプニングバー」経営者がこのほど公然わいせつ幇助の疑いで逮捕された。
 逮捕は2回目で、前回はバンに客を乗せ、車内で客の男女を絡ませる、わいせつドライブを企画したことが明るみになっている。

 一体、ハプバーとはどんなところなのか。同じ新宿区で、歌舞伎町は区役所通りに4店あるうちの1店に潜入した。

 夜9時。ホストが行き交う風俗ビルのエレベーターを上がり、入り口のインターホンを押すと、ガチャリと解錠され、人懐っこそうな中年男が顔を出した。「舐め師」でもある店長だ。靴を脱ぎ上着を預ける。

 店は元クラブだったのか、カウンターとソファがあり、カウンターで常連らしき50代のスーツ男が女ふたりとカウンター内のTVを見ている。ソファの前でコスプレ女がたばこを吹かしてくつろぎ、サラリーマンと歓談。ソファに座ると、背もたれのところの薄暗い照明スタンドの下にコンドームがあった。VIPルームを改装したのか、奥にもスペースがあり、垂れ下がる縄の向こうにベッドマットが敷かれ、吊るされたコスプレ衣装が見える。「宅飲みみたいって声もあるんです」と店長が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る