「公然わいせつ」か「大人の社交場」か 新宿ハプバー潜入ルポ

公開日: 更新日:

 新宿区内の「ハプニングバー」経営者がこのほど公然わいせつ幇助の疑いで逮捕された。
 逮捕は2回目で、前回はバンに客を乗せ、車内で客の男女を絡ませる、わいせつドライブを企画したことが明るみになっている。

 一体、ハプバーとはどんなところなのか。同じ新宿区で、歌舞伎町は区役所通りに4店あるうちの1店に潜入した。

 夜9時。ホストが行き交う風俗ビルのエレベーターを上がり、入り口のインターホンを押すと、ガチャリと解錠され、人懐っこそうな中年男が顔を出した。「舐め師」でもある店長だ。靴を脱ぎ上着を預ける。

 店は元クラブだったのか、カウンターとソファがあり、カウンターで常連らしき50代のスーツ男が女ふたりとカウンター内のTVを見ている。ソファの前でコスプレ女がたばこを吹かしてくつろぎ、サラリーマンと歓談。ソファに座ると、背もたれのところの薄暗い照明スタンドの下にコンドームがあった。VIPルームを改装したのか、奥にもスペースがあり、垂れ下がる縄の向こうにベッドマットが敷かれ、吊るされたコスプレ衣装が見える。「宅飲みみたいって声もあるんです」と店長が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る