• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

受動喫煙 多様性と知恵の成熟社会<上>

「楽しみ、価値観を他人に迷惑かけずに実現するか。知恵の出しどころ」

 一律の規制強化に突き進む厚労省の受動喫煙防止対策。政府は20日からの通常国会に、厚労省案に沿った形の罰則付き受動喫煙防止対策を盛り込んだ健康増進法改正案を提出する構えだ。性急で強硬な官の動きに民間の事業者が立ち上がった。1月12日、都内で「受動喫煙防止強化に対する緊急集会」が開かれた。日本フードサービス協会など5つの業界団体が共催し、500人以上の参加者で会場は立ち見が出るほどだった。

 集会には石破茂、穴見陽一(自民)、上田勇(公明)の3人の国会議員も出席し、規制強化のあり方に意見を述べた。実業家の顔も併せ持つ穴見氏は「受動喫煙防止対策の強化には反対ではない」としつつ、「個人の自由権を制限するのはバランスを欠いている」と指摘。自身が経営にかかわるファミレスの店舗が愛知県内で全面禁煙にしたところ売り上げが2割以上ダウンしたため、分煙店舗として再出発したという事例を紹介した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る