• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

受動喫煙 多様性と知恵の成熟社会<上>

「楽しみ、価値観を他人に迷惑かけずに実現するか。知恵の出しどころ」

 一律の規制強化に突き進む厚労省の受動喫煙防止対策。政府は20日からの通常国会に、厚労省案に沿った形の罰則付き受動喫煙防止対策を盛り込んだ健康増進法改正案を提出する構えだ。性急で強硬な官の動きに民間の事業者が立ち上がった。1月12日、都内で「受動喫煙防止強化に対する緊急集会」が開かれた。日本フードサービス協会など5つの業界団体が共催し、500人以上の参加者で会場は立ち見が出るほどだった。

 集会には石破茂、穴見陽一(自民)、上田勇(公明)の3人の国会議員も出席し、規制強化のあり方に意見を述べた。実業家の顔も併せ持つ穴見氏は「受動喫煙防止対策の強化には反対ではない」としつつ、「個人の自由権を制限するのはバランスを欠いている」と指摘。自身が経営にかかわるファミレスの店舗が愛知県内で全面禁煙にしたところ売り上げが2割以上ダウンしたため、分煙店舗として再出発したという事例を紹介した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る