• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「消費増税だからこそ…」ベアに踏み切った中小企業の心意気

 2014年度ベースアップ(ベア)の幅をめぐる駆け引きが本格化している。トヨタ自動車が月4000円(給与の1%強)の労組要求を満額回答するか見ものだが、主要108社の83%はベアに消極的だ。そんな中、円安に苦しむ地方の中小企業が「5%アップ」を打ち出した。安倍首相は、その背景を知っているか!?

■大手はヤル気なし

 アベノミクスによる景気回復の効果を波及させるには、労働者の給与が上昇することが不可欠。これが実現しなければアベノミクスは失敗になる。そのため、安倍政権は法人税減税を10%を軸に調整し、企業側に賃上げを求めていたが、その企業は安倍の顔を立てるどころか、定期昇給や臨時賞与でお茶を濁すハラだ。

 共同通信社によると、対象の主要104社のうち、従業員の賃金を前年度比で「上げる」と回答したのは、全体の17%。賃金全体を底上げするベアを明言したのは、なんとゼロだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る