「アベノミクス」「円安」「消費税」 年間負担増23万円の衝撃

公開日: 更新日:

 アベノミクスで株価は上昇した。日経平均はこの1年間で約50%の値上がりだ。富裕層や外国人投資家は大儲けしただろうが、庶民は「円安」による物価上昇で苦しんでいる。それが2014年はさらに加速化することになる。

 安倍政権が発足する前の為替相場は1ドル=79.3円(11年1~9月の平均)だった。アベノミクスは「2%の物価上昇」を掲げて円安政策に舵を切り、13年12月は1ドル=104円台まで円安が進んだ。静岡大学の土居英二名誉教授(経済統計学)が言う。

「家計負担は生半可ではありません。私の試算によると1ドル=79.3円から100円に円安が進んだことで、2人以上世帯(収入は599万円)の負担増は年間9万6000円になります」

 1ドル=105円だと11万9000円、110円で14万5000円となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る