「アベノミクス」「円安」「消費税」 年間負担増23万円の衝撃

公開日:  更新日:

 アベノミクスで株価は上昇した。日経平均はこの1年間で約50%の値上がりだ。富裕層や外国人投資家は大儲けしただろうが、庶民は「円安」による物価上昇で苦しんでいる。それが2014年はさらに加速化することになる。

 安倍政権が発足する前の為替相場は1ドル=79.3円(11年1~9月の平均)だった。アベノミクスは「2%の物価上昇」を掲げて円安政策に舵を切り、13年12月は1ドル=104円台まで円安が進んだ。静岡大学の土居英二名誉教授(経済統計学)が言う。

「家計負担は生半可ではありません。私の試算によると1ドル=79.3円から100円に円安が進んだことで、2人以上世帯(収入は599万円)の負担増は年間9万6000円になります」

 1ドル=105円だと11万9000円、110円で14万5000円となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る