• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベア実施企業は株主還元も!? 狙い目「増配期待」28銘柄

 13日の日経平均は続落し、1万5000円を割り込んだまま取引を終えた。「ボラティリティー(変動率)が高く、手を出しづらい相場」(証券アナリスト)になっている。

「現在は1万5000円の攻防ですが、下値は堅いとみています。その証拠に、今年は終値ベースで一度も1万4000円を割っていません。それほど臆病になる必要はないでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 とはいえ、相場は波乱含み。どんな銘柄を狙えばいいか。
「いま話題のベアがポイントかもしれません」(株式アナリストの櫻井英明氏)

■賃上げ企業に株主還元のプレッシャー

 ベアを実施できる企業は、当然、業績も好調だから株価アップも期待できるというわけだ(別表参照)。

「それだけではありません。賃上げは、企業の利益を社員に還元する動きです。社員に還元できるのであれば、株主へも還元できるはずです。増配など株主還元の充実が期待できます」(櫻井英明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る