日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「100円ローソン」260店閉鎖 競合他社の“特色”に押され

 小型スーパーに淘汰の波――。ローソンが全国で約1100店舗を展開する100円ショップ「ローソンストア100」について、2割強にあたる約260店舗を閉める方針を29日、明らかにした。

 昨年2月、横浜市内に第1号店をオープンし、現在39店舗に拡大した小型スーパー「ローソンマート」事業は撤退するという。

「ローソンは、08年に99円ショップの『ショップ99』の運営会社を子会社化し、店舗を『ローソンストア100』として再出発させました。当初は安価が受けていましたが、そのうち、ただ『100円』というだけでは新鮮味や安さのイメージが薄れてしまいました。低価格をウリにする経営スタイルは、インフレになると仕入れ価格が上昇することもマイナス要因でした」(流通業界関係者)

「ローソンストア100」「ローソンマート」の事業縮小の背景には、競合他社が“特色”ある小型スーパーを増やしていることも影響しているという。流通アナリストでプリモリサーチジャパン代表・鈴木孝之氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事